成長期コラム

身長の低い人が感じる10のデメリット

身長が低いと実際にどんなデメリットがあるのでしょうか。

背が低い人がよく感じる10のデメリットを紹介します。

身長が低い人が感じる10のデメリット

1.パンツの裾はいつも直さなければない

身長が低いと、パンツを選ぶときに苦労するというデメリットがあります。

パンツにおける女性の標準丈は68cm、男性の標準丈は76cmですが、小柄だと長すぎてしまいお直しをしなくてはなりません。

スウェットパンツやボタンがあるパンツではお直しができないので、デザインが気に入っても諦めるしかないのです。

単純にSサイズを選んでもパンツ丈は標準ということもあるので、身長が低いと着る洋服にも苦労します。

また太ってしまうと洋服はLサイズなのに、丈が長すぎてしまうことがあり、バランスを取るのが難しいです。

2.子供っぽく見えてしまう

身長が低いと、幼く見えがちです。

20歳以上なのに、身長が低いと年齢確認が必要なお酒やタバコの購入時になんども確認されてしまうでしょう。

身長があれば服装や洋服だけで大人っぽく見せることができますが、身長が低いとあまり効果が期待できません。

特に第一印象では頼りなさそうにみえてしまうデメリットもあります。

年齢とともに標準的な身長より低いと、公共の場でも気になってしまう場面に遭遇するのです。

3.コンサートや映画館で損をする

コンサートや映画館などしっかりと観たいイベント時、身長が低いと前の人が壁のようになって全く見えないということが起こります。

映画館では、背の高い人が前にいるとスクリーンが見えないので、不自然な体勢で横から観ないといけません。

コンサートなどでは、アリーナ席でみんなが立ち見になってしまうとアーティストの姿が観えないという自体になってしまいます。

女性はハイヒールを履いて対応しようとしても疲れますし、身長が低いと常に席の配置を気にする必要があるのです。

4.男性はモテないというコンプレクスを抱えがちになる

身長が低いから女性にモテないということはありませんが、男性は背が高いほうがモテるという一般論があるため、背が低いことで外見のコンプレックスを抱える男性が多いです。

女性はヒールのある靴を履く機会も多いので、デートなどで身長が逆転してしまうということもあり、恥ずかしい思いをする方もいます。

男性はヒールがある履物で誤魔化すことが難しいため、自分に自信を失ってしまうこともあるのです。

5.自動車の運転で不便なことが多い

標準身長に合わせて車の装備がされているため、自動車の運転では不便を感じることが多いです。

運転席を一番前に設定しないと、ブレーキやアクセルに足が届きません。

他の家族と車を共有している場合は、毎度設定を変えなければならないため面倒です。

身長が低い方にとっては、座高も低いため、クッションなどで調整して目の高さを合わせないと安全面でも心配があります。

レンタカーや別の人の車を運転するときには、使い勝手が悪い上、運転中も注意が必要です。

6.小さい人として覚えられる

身長が平均的であれば、身長のイメージで覚えられることは少ないです。

他に特徴がなければ、「小さい」という身体的特徴で覚えられてしまいます。

合コンや初対面で会う機会ですと、身長のイメージで第一印象が判断されることもあるのです。

苗字が一般的な名前で、他にも同じ苗字の方がいた場合には、小さいほうの鈴木さんなど呼ばれてしまいます。

特に男性の場合には、学童期から小さいことを周りにバカにされてしまうということも多いです。

7.満員電車で苦労する

満員電車を利用する時、小さいと手すりやつり革に届かないという事態が起こります。

周りが大きいと身動きができなくなってしまい、下車するときにも大変です。

混んでいるエリアでは、身長が大きい方に比べてパーソナルスペースを確保しにくい状況になります。

視界も低くなるので、窓の外を確認するのも一苦労をすることもあるのです。網棚の高さは平均的に足元から180cmの高さにあります。

ここに荷物を置くのも大変で、背伸びをしても届かないケースも多いです。

8.身長が低いと似合うファッションが限られる

女性はロングワンピースなどを着ると、だらしなく見えてしまうデメリットがあります。

男性はロングコートが似合いません。

流行でワンピースやトレンチコートがあっても、なかなか取り入れることが難しいのです。

基本的にかっこよく着こなすよりも、可愛らしいイメージが似合うため、自分が着たい服と似合う服が合わないことも多く、洋服探しに苦労します。

一般的に売られている洋服はMサイズを標準としているため、低い身長に合った洋服を探すのが至難の技です。

9.家の家事が大変

キッチンの収納棚など高い位置に手を伸ばしても届かないので、日常の家事でも苦労することがあります。

高いところに物を出し入れするときには、ステップ台を使わなければなりません。

キッチンや洗面台など、毎日利用する場所によっては動きの妨げになるので不便です。

キッチンの台など決まった高さである場合には、自分の身長と合わないため腰が痛くなることもあります。

10.背の高い人と話をすると疲れる

男性は180cmなど身長が高い男性も多くいます。

そんな男性と立ったまま話すときには常に見上げた姿勢で話をしなければなりません。

見上げた姿勢を続けると疲れてしまいますし、見下されていると感じる男性もいるのです。

同じ視線で話ができないので、長時間話す場面では身長差を特に感じることになります。

まとめ

身長が低いデメリットの多くは、感じ方次第でイメージが変わってくるものばかりです。

しかし、実際にデメリットとしてコンプレックスを持っている人がいることも事実。

成長期のお子様がいるご家庭では、身長に悪影響のない食生活などを心がけてあげてください。

子どもの身長を伸ばすサプリメントランキング

15種以上の身長サプリを効果、美味しさ、コストパフォーマンスから徹底比較し、本当におすすめできる成長サプリを厳選してランキング紹介しています。

身長サプリランキングを見る